頭痛の種類でわかる!あなたの頭痛の原因と対処法を詳しく解説

頭痛で毎日がつらい…
夜中に頭痛で目が覚める…
頭痛の治し方が知りたい!

頭痛は、誰もが経験する身近な症状です。

しかし、その種類はさまざまであり、原因や対処法も異なります。

頭痛の種類を正しく理解し、原因に合った対処法を実践することで、頭痛を治せるかもしれません。

そこでこの記事では、頭痛の種類と原因、対処法について詳しく解説していきます。

頭痛に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
女性セラピスト

【プロフィール】
・行橋のストレッチサロン「REVERT」セラピスト
・整形外科勤務12年
・頭蓋骨・小顔矯正技術取得
・美腸骨メソッド®取得(美容整体)

目次

頭痛は大きく分けて2種類

頭痛の週類は大きく分けて2種類です。

  • 慢性頭痛
  • 危険な頭痛

慢性頭痛

慢性頭痛(一次性頭痛)とは、数年にわたり同じタイプの頭痛が繰り返し現れる頭痛です。

片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などが主な例です。

これらは命に影響を及ぼすものではありませんが、日常生活に大きな支障をもたらします。

危険な頭痛

危険な頭痛(二次性頭痛)の特徴は、以下のとおりです。

  • 突然始まる
  • これまで経験したことのない強烈な痛み
  • 短時間でピークに到達する
  • 熱、手足の麻痺やしびれなどの症状を伴う

これらの症状は、脳出血や髄膜炎などの兆候かもしれません。

また、数週間以内に頭痛が悪化した場合は、脳腫瘍や慢性硬膜下血腫などのリスクも考えられます。

二次性頭痛は緊急性が高く、命の危険を伴います。

症状が現れたときは医療機関で受診しましょう。

慢性頭痛の種類は3つ

次に、改善が期待できる慢性頭痛の種類を紹介します。

慢性頭痛の種類は、主に以下の3つです。

  • 緊張性頭痛
  • 片頭痛
  • 偶発頭痛

緊張性頭痛

緊張性頭痛は、一次性頭痛の中で最も多い頭痛です。

15歳以上の日本人の約5人に1人が悩んでいます。

頭痛は、30分から数日続く、締め付けられるような、あるいは圧迫されるような痛みです。

多くは両側性で、後頭部を中心に頭の両側や首筋に起こります。

「頭を孫悟空の輪っかで締め付けられているような感じ」や「頭に大きな荷重がかかっているような感じ」です。

片頭痛

片頭痛は片側の強い拍動性の痛みが特徴です。

主な特徴は、以下のとおりです。

  • 片側の頭痛(40%は両側性)
  • 拍動性
  • 体を動かすと悪化
  • 静かなところで寝ていたい
  • 光や音に過敏

偶発頭痛

偶発頭痛とは、20~30代の男性に多く、毎日のように繰り返される短時間の強烈な頭痛です。

激しい痛みで落ち着きがなくなり、痛みのある側の目の充血、涙、鼻水、眼瞼下垂などの症状が現れます。

飲酒や特定の薬物で引き起こされることもあるため、症状が出た際は医療機関で受診しましょう。

慢性頭痛の対処法

次は、慢性頭痛別に対処法を紹介します。

  • 緊張性頭痛の対処法
  • 片頭痛の対処法
  • 偶発頭痛の対処法

緊張性頭痛

緊張性頭痛は、首や肩の筋肉の緊張から生じるため、筋肉を温めて血行を良くすることが大切です。

毎日の入浴や、蒸しタオルを肩に当てることで痛みが和らぎます。

蒸しタオルは電子レンジで簡単に温められますよ。

片頭痛

片頭痛は、脳の血管の拡張に関連しているため、冷却が有効です。

冷却シートや氷枕を額やこめかみに当てることで痛みを抑えられます。

痛みが強くなる場合は、静かな暗い場所で休みましょう。

偶発頭痛

偶発頭痛は、短時間で強烈な痛みが現れます。

市販の鎮痛剤では対処しきれないことが多いため、発作時は専門医の治療を受けましょう。

慢性頭痛を防ぐ6つのコツ

最後に慢性頭痛を防ぐコツを5つ紹介します。

  • 薬に頼りすぎない
  • ストレスを発散する
  • 適度に体を動かす
  • 姿勢を意識する
  • スマホやパソコンに注意する
  • 整体で肩こりを治す

薬に頼りすぎない

頭痛薬で痛みを抑えることは可能ですが、一時しのぎの対応です。

根本的な原因を改善するために、血行不良や筋肉の緊張を改善する生活習慣を心がけましょう。

ストレスを発散する

ストレスは頭痛の原因となるため、リラックスする時間を確保して心身の緊張を解放しましょう。

入浴、運動、ストレッチなど、自分に合ったリラックス法を見つけてみてください。

適度に体を動かす

適度な運動は血行を促進し筋肉の緊張を和らげます。

ウォーキングやストレッチなど、継続しやすい運動から取り組みましょう。

姿勢を意識する

不良姿勢は筋肉の緊張や頭痛を引き起こす原因です。

日頃から正しい姿勢を意識し、パソコンやスマートフォンを使用する際は、姿勢を正しく保つようにしましょう。

スマホやパソコンに注意する

長時間のスマホやパソコンの使用は目の疲れや頭痛の原因です。

定期的に休憩をとり、疲れを感じたらのストレッチなどの工夫を忘れずにおこないましょう。

整体で肩こりを治す

慢性頭痛の原因のひとつである肩こりは、骨盤や背骨のズレが原因です。

整体で骨盤や背骨のズレを調整することで、筋肉の緊張を和らげ、肩こりを改善できます。

肩こりが改善されると、血行が良くなり、頭痛の予防にもつながります。

行橋のストレッチサロンREVERT(リバート)では、特許取得の美彫骨整体メソッド®(美容整体)を用いて施術。

筋肉を緩めリンパの流れを開放し、身体全体をしっかり緩めます。

まずは気軽にお問い合わせやご相談ください。

まとめ:生活習慣を見直して慢性頭痛を予防しよう

頭痛は、誰にでも起きる症状です。

頭痛が起こると、仕事や勉強など、日常生活に支障をきたします。

頭痛は、薬で痛みを抑えることは可能ですが、根本的な解決にはなりません。

頭痛の原因となるストレスや不良姿勢、肩こりなどの生活習慣を見直し、予防に努めましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次