ストレッチ後の筋肉痛は好転反応!?症状から予防方法まで詳しく解説

ストレッチをしただけなのに、翌日に筋肉痛が…
ストレッチをした次の日がだるい…

こんな疑問を抱いた経験はありませんか?

実は、その痛みやだるさは、体が健康な状態へと変化しようとする好転反応かもしれません。

好転反応とは、体が回復しようとする過程で、一時的に体調が悪くなる状態です。

もちろん、すべての痛みが好転反応とは限りません。

そこでこの記事では、好転反応の原因や症状、出たときの対処法まで詳しく解説します。

ストレッチ後の倦怠感に疑問を抱く方は、ぜひ最後までご覧ください!

この記事を書いた人
吉廣 泰則
やす

【プロフィール】
・行橋のストレッチサロンREVERTストレッチトレーナー
・姿勢改善スクールAPI「姿勢改善スペシャリスト」
・ボディメイクコンテスト受賞多数
・大手パーソナルジム公式メディア「パーソナルジムの教科書」の監修者
・著書「自重筋トレ入門」「ダンベルトレーニング入門」

目次

好転反応とは?

好転反応とは、マッサージや整体、ストレッチなどの施術を受けた後に、体が健康な状態へと回復する過程で現れる、一時的な不調のことです。

痛みや発熱、全身のだるさなどの症状が現れます。

揉み返しと好転反応の違い

揉み返しと好転反応は、どちらも施術を受けた後に現れる症状ですが、その原因は異なります。

揉み返しは、筋肉にダメージが加わった際に起こる、一時的な痛みや不調です。

  • 揉み返しは、体に負担をかけ過ぎたために起こる一時的な不調。
  • 好転反応は、体が回復しようとする過程で起こる一時的な不調。

施術時の力加減や手技が強すぎると、筋肉の繊維が損傷し、炎症が起こります。

揉み返しの主な症状は以下のとおりです。

  • 痛み
  • 晴れ
  • 炎症
  • 硬直感

好転反応が起こる原因

マッサージや整体、ストレッチなどの施術を受けると、筋肉の緊張が和らぎ、血行やリンパの流れが良くなります。

体の中に溜まっていた老廃物や疲労物質が、急速に血流に乗って体の外へと排出されるからです。

この過程で、一時的に頭痛やだるさ、疲れやすさ、吐き気などの症状が現れます。

よくある好転反応のパターン

好転反応の出るパターンは、主に以下の2つです。

1.体が大きく変化した場合

体の歪みやバランスを調整すると、整った体に適応する過程で、一時的な好転反応が生じます。

たとえば、長時間のデスクワークによる腰の痛みが改善された場合、これまで問題がなかった首や背中など、他の部位で痛みや違和感をおぼえます。

2.刺激が多かった場合

必要以上の強い刺激を受けてしまうと、体はストレスを感じて反応します。

このような反応は、施術のドーゼオーバーが原因です。

たとえその施術が体にとって良いものであったとしても、適切な量や強度を超えると、痛みやだるさ、倦怠感などの症状が現れます。

好転反応の種類とそれぞれの特徴

次に、好転反応の種類とそれぞれの特徴を見ていきましょう。

  • 弛緩反応
  • 過敏反応
  • 排泄反応
  • 回復反応

それぞれ、詳しく解説します。

弛緩反応の特徴

弛緩反応は、リラックスした時に現れる好転反応です。

施術を受けると筋肉のこりや緊張が緩和され、血流やリンパの流れがスムーズになります。

そのため、副交感神経が優位になり、だるさや眠気を感じるのです。

これは、体が自らの回復を促している状態のサインとも言えます。

過敏反応の特徴

過敏反応とは、施術を受けた部分が過敏に反応することです。

施術を受けた部分の血流が改善されることで、一時的に痛みやかゆみ、頭痛などが起こります。

施術により首や肩のこりが改善されると、頭部への血流が急激に増加し、一時的な頭痛が発生します。

排泄反応の特徴

排泄反応は、体が老廃物や有害物質を排出するときに現れる好転反応です。

具体的には、尿や便の量、色、臭いが一時的に変わります。

施術により体のデトックス機能が活発になるからです。

また、皮膚を通して老廃物が排出されることもあり、一時的に湿疹や吹き出物が現れることもあります。

回復反応の特徴

施術後は、血流が改善され、一時的なだるさや軽度の発熱、吐き気などの症状が現れます。

これは、体が自らを回復しようとする際の一時的な症状であり、温泉などでの湯あたりに似た症状です。

好転反応はどのくらい続く?

多くの人が施術後1〜3日以内に好転反応を経験します。

約80%の人が施術後1〜3日以内に好転反応を経験し、68%の人が症状が1〜3日間続くと言われています。

ただし、症状が1週間近く続く場合は注意が必要です。

これは、単なる好転反応とは異なるなんらかの原因があるか、施術の効果が強すぎる可能性があります。

好転反応に効果的な対処法

好転反応は体の回復による一時的なものですが、不快な症状はさけたいもの。

そんな時には、以下の対処法を試してみてください。

  • 体を少し動かす
  • 湯船でリラックス
  • 痛むところを温める
  • 温かい食べ物や飲み物を摂取する

体を少し動かす

体を動かすことで、血行が促進され、老廃物の排出を助けます。

運動習慣がない方でも、日常の中で取り入れやすいウォーキングやストレッチは効果的です。

ただし、無理に激しい運動をする必要はありません。

軽く体を動かすだけでも効果は期待できますよ!

湯船でリラックス

湯船に浸かることで、全身の筋肉が温められ、血流が改善します。

ただし、お湯の温度には注意。

熱すぎるお湯は、心臓に負担をかけるため、適度な温度でゆっくりと浸かりましょう。

痛むところを温める

好転反応に伴う痛みや違和感は、痛むところを温めると効果的です。

たとえば、蒸しタオルを使用することで、痛むところを直接温められます。

蒸しタオルは、湿らせてから電子レンジで温めるだけなので簡単です。

繰り返し温めることで、痛みが和らいでいきますよ

温かい食べ物や飲み物を摂取する

体温を適切に保つことで、好転反応の症状は和らぎます。

とくに、温かい食べ物や飲み物を摂取すると、体の中から温まります。

ショウガや蜂蜜、ネギなど、体を温める食材がおすすめです。

まとめ:身体をスッキリさせたいならストレッチ専門店へ

この記事では、好転反応の原因や症状、出たときの対処法を解説してきました。

好転反応は体にとって良い反応ですが、その症状は不快に感じます。

症状が激しい場合は以下の方法をためしてみてくださいね。

  • 体を少し動かす
  • 湯船でリラックス
  • 痛むところを温める
  • 温かい食べ物や飲み物を摂取する

また、体の不調を改善したい場合は、行橋のストレッチサロンREVERT(リバート)がおすすめです。

  • 経験豊富なスタッフが、一人ひとりの体の特性や姿勢の癖をしっかりと評価
  • お客さまに合わせたオリジナルのストレッチ方法をご提案
  • 自宅でのセルフケア方法もアドバイスし、日常生活に簡単に取り入れられる方法もご提案

体の不調でお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次