【あなたに最適なのはどっち?】ストレッチとマッサージの違いを解説

ストレッチとマッサージの違いは?
ストレッチとマッサージ、どちらが自分に合っているの?

仕事や運動で体が疲れたとき、マッサージを利用する人は多いでしょう。

マッサージは筋肉のコリをほぐし、血行を促進して疲労回復に効果的です。

一方、ストレッチは筋肉を伸ばし、可動域を広げることで血流が改善され、筋肉の疲労が軽減されます。

どちらも疲労回復の効果がありますが、両者を組み合わせることでさらなるメリットを得られるのです。

そこでこの記事ではストレッチとマッサージの違いについて解説し、マッサージとストレッチの効果を最大限得る方法を紹介します。

ぜひ最後までご覧ください!

この記事を書いた人
吉廣 泰則
やす

【プロフィール】
・行橋のストレッチサロンREVERTストレッチトレーナー
・姿勢改善スクールAPI「姿勢改善スペシャリスト」
・ボディメイクコンテスト受賞多数
・大手パーソナルジム公式メディア「パーソナルジムの教科書」の監修者
・著書「自重筋トレ入門」「ダンベルトレーニング入門」

目次

ストレッチとは?

ストレッチは、筋肉や関節の柔軟性を向上させる運動です。

日常の動きや長時間同じ姿勢を続けることで、筋肉は固くなり、関節の可動域が狭くなります。

しかし、ストレッチを行うことで、筋肉の硬直や関節の可動域の狭まりを防げます。

定期的にストレッチを行うことで、筋肉や関節の柔軟性を保ち、日常生活における動きを快適にし、痛みや不快感を軽減できるのです。

ストレッチの効果とメリット

ストレッチは日常生活において、さまざまなメリットと効果があります。

  • 関節可動域の改善
  • 筋萎縮の抑制
  • リラクゼーション効果
  • 筋肥大
  • 冷えやむくみの改善
  • 怪我の予防
  • 疲労の回復
  • 関節痛の緩和
  • バランス能力の向上
  • 神経筋伝達機能促進

これらの効果は、運動習慣がなくても得られます。

そのため、ストレッチは、健康的な生活を送るために誰でも取り入れるべきと言えるでしょう。

マッサージとは?

マッサージとは、主に手を用いて体に物理的刺激を与え、不良を整える方法で、「さする」「もむ」「圧する」などの施術を行います。

しかし、日本においては、「マッサージ」という名称で施術を提供できるのは医師やあん摩マッサージ指圧師、理学療法士といった国家資格保持者だけです。

国家資格がなくても「揉みほぐし」や「リリース」という名称であれば提供可能です。

これらはマッサージと同様に、押し、引き、撫で、さすり、揉みといった手技を用いて皮膚や筋肉に刺激を与えます。

この記事では、法律的な制約を理解した上で、揉みほぐしやリリースも「マッサージ」として表現します。

マッサージの効果とメリット

マッサージの効果は、主に以下の4つです。

  • コリをほぐす
  • 疲労回復
  • リラックス効果
  • 血行改善

実は、マッサージの手技にはさまざまな方法があります。

  • 軽擦法
  • 強擦法
  • 揉捏法
  • 振動法
  • 叩打法
  • 圧迫法

ストレッチとマッサージの違い

ここまでをまとめると、ストレッチとマッサージの違いは以下のとおりです。

ストレッチの効果

ストレッチは、筋肉を伸ばすことで、関節の可動域を広げ、柔軟性を高める効果があります。

マッサージの効果

マッサージは、筋肉に圧をかけて、コリをほぐす効果があります。

共通する効果

ストレッチとマッサージには、疲労回復、リラックス効果、血行改善などの共通する効果があります。これらの効果は、筋肉を動かすことや圧をかけることで、筋肉の緊張を緩和し、血液やリンパの流れを促進することで得られます。

ストレッチとマッサージは、どちらも単独で行うよりも、組み合わせて行うとより効果的です

ストレッチとマッサージを組み合わせる方法

実は、マッサージやストレッチの効果を最大限得るためには、マッサージで筋膜の癒着を解消してからストレッチを行うことが大切なのです。

筋膜とは、筋肉を包み込む膜のことです。

  1. マッサージや筋膜リリースで筋膜の癒着を解消する
  2. ストレッチで筋肉を伸ばす

マッサージや筋膜リリースは、筋肉に圧をかけ、コリや癒着を解消します。

そのため、マッサージや筋膜リリースで筋膜をほぐしてからストレッチを行うことで、両者の効果を最大限得られるのです。

筋膜が癒着していると、ストレッチをしても十分に筋肉が伸びず、効果が半減してしまいます。

肩こりの場合、筋肉が縮まって筋膜が癒着していることが多いため、マッサージで筋肉をほぐしてからストレッチを行うことで、より効果的に肩こりを解消できます。

根本的な改善には運動が欠かせない

マッサージとストレッチには、肩こりや腰痛を緩和する効果がありますが、根本的な改善には運動が欠かせません。

マッサージやストレッチだけでは、再発を繰り返します。

たとえば、肩こりや腰痛の原因は、以下のようなことが考えられます。

  • 筋肉の緊張
  • 筋力の低下
  • 骨格の歪み

これらの原因を根本から解消するためには、運動が有効です。

運動によって筋力をアップさせ、マッサージとストレッチで筋肉の緊張をほぐすことで、骨格の歪みを改善できます。

肩こりや腰痛にお悩みの方は、マッサージやストレッチに加えて、運動を取り入れることも検討してみてくださいね。

まとめ:ストレッチとマッサージと運動はすべて大切

この記事ではストレッチとマッサージの違いと、それぞれの効果について解説してきました。

マッサージとストレッチの効果を最大限得るには、マッサージで筋肉をほぐし、筋膜の癒着を解消してから、ストレッチで筋肉を伸ばすことです。

また、慢性的な肩こりや腰痛には、運動を組み合わせると効果的です。

行橋のストレッチサロンREVERT(リバート)では、マッサージを取り入れた独自のストレッチと、あなたにピッタリの運動のアドバイスを提供しています。

疲れや傷みを軽減しながら、根本的な改善を目指します。
まずは気軽にお問い合わせやご相談ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次