首をボキボキ鳴らす意外なリスク!「よくない」と言われる理由とは?

朝起きると首をボキボキ鳴らすけど?
首はボキボキ鳴らすものでしょ?

朝起きると、首をボキボキ鳴らすのが日課の人も多いのではないでしょうか?

私も長年首を鳴らし続けてきたひとりです。

最初は、首がスッキリして気持ちが良かったので、ついついやってしまうようになりました。

実は、首をボキボキ鳴らすと、頭痛やめまいなどの症状が出ることがあるのです。

そこでこの記事では、首をボキボキ鳴らすことの意外なリスクと、鳴らさないための対処法について解説します。

この記事を書いた人
吉廣 泰則
やす

【プロフィール】
・行橋のストレッチサロンREVERTストレッチトレーナー
・姿勢改善スクールAPI「姿勢改善スペシャリスト」
・ボディメイクコンテスト受賞多数
・大手パーソナルジム公式メディア「パーソナルジムの教科書」の監修者
・著書「自重筋トレ入門」「ダンベルトレーニング入門」

目次

首を鳴らすと健康に悪影響?

首をボキボキ鳴らすと、神経を傷つけたり、首の関節を緩ませたり、危険なリスクが潜んでいます。

首には頚椎と呼ばれる7つの骨が繋がっており、それぞれの間には関節液という液体が存在します。
この液体の中には気泡が含まれており、首を鳴らすとこの気泡が破裂して音が出るのです。
首をボキボキ鳴らすと首の動きが過度になり、神経を圧迫したり、傷つけるリスクが高まります。

また、頻繁に首を鳴らす習慣が身についてしまうと、首の関節が徐々に緩むことも。

その結果、首を守るための靭帯が硬くなってしまい、ムチ打ちのような状態になります。

首をボキボキ鳴らすと、一時的に気持ちよさはありますが、健康リスクが伴う可能性があることを理解しておきましょう。

首を鳴らすとどんな症状が出る?

首をボキボキ鳴らすことで、さまざまな症状が現れます。

ここでは、首をボキボキ鳴らす行為がもたらす、意外な症状ついて解説していきます。

  • 首の違和感や痛み
  • 片頭痛やめまい
  • 手がしびれる

首の違和感や痛み

首をボキボキ鳴らすと、首の違和感や痛みの原因になります。

痛みが伴うと首の動きに制限が出るため、日常生活にもさまざまな影響が出てきます。

片頭痛やめまい

首をボキボキ鳴らすと、片頭痛やめまいを引き起こすため、注意が必要です。

後頭部や頭頂部に強い痛みを感じたり、光や音に敏感になったり、吐き気や嘔吐を伴ったりします。

また、ふらつきや目の前が暗くなる、あるいは物が二重に見えるなど、めまいを引き起こすこともあります。

手がしびれる

首の神経が傷つくことで、手や腕に痛みやしびれを感じることがあります。

この影響により筋力が低下し、日常生活にも影響を及ぼします。

首を鳴らすとどんなリスクがある?

首をボキボキ鳴らすことで、首の神経を傷つけ、さまざまな症状を引き起こします。

これらの症状を軽視し、放おって置くと、深刻な病気につながります。

  • 脳への危険性
  • 頸椎への悪影響

それぞれ、詳しく解説します。

脳への危険性

首を鳴らす習慣は、一見無害に思えますが、実は脳の健康に大きなリスクをもたらします。

首には、椎骨動脈という大切な血管が通っており、この血管に過度な圧力や摩擦が生じると、血管の内壁が傷つきます。

この状態が続くと、血栓の形成を促進するリスクが高まり、この血栓が脳内の細い血管に詰まると、脳梗塞や脳卒中の原因となるのです。

首を鳴らす行為は、1トン近くの大きな衝撃を受けるようなダメージを与えると言われています。

頸椎への悪影響

首を鳴らす行為は、変形性頸椎症の発症リスクを高めます。

変形性頸椎症とは

首の関節が過度な刺激や圧力にさらされ続けることで、椎間の距離が縮まり、骨の端が尖って骨棘を形成する疾患

骨棘が周囲の神経や組織を刺激し、痛みやしびれ、筋力の低下などの神経症状を引き起こします。

変形性頸椎症は、年齢を重ねることで発症する病気ですが、首を強く鳴らす習慣がある人は、発症リスクが高まるため、注意しましょう。

首を鳴らさないための対策

これまで、首をボキボキならすリスクについて詳しく解説してきました。

しかし、ついつい首に手を伸ばしてしまう人も多いのではないでしょうか?

最後に、首を鳴らす習慣を断ち切るための対策を5つ紹介します。

  • 作業環境を整える
  • 首や肩の筋肉を温める
  • 肩をほぐすストレッチ
  • 首をほぐすストレッチ
  • ストレッチ専門店で整える

作業環境を整える

長時間のデスクワークやスマホの使用は、首や肩の負担が原因で首を鳴らしたくなります。

そこで、日常の作業環境を整えることが大切です。

たとえば、パソコンの画面の高さや、椅子の高さ、キーボードの位置などを適切に設定することで、首や肩の負担を軽減できます。

また、スマホやタブレットを使用する際には、画面を持ち上げ、首を下に曲げる時間を減らしましょう。

首や肩の筋肉を温める

首や肩の筋肉を温めると、筋肉の血行を促進し、コリをほぐす効果があります。

筋肉の緊張が緩和され、首を鳴らしたくなる衝動も抑制できるでしょう!

方法は簡単です。

タオルを水で湿らせ、電子レンジで少し温めてから、首や肩に置くことで、筋肉の緊張を緩和できます。

タオルが冷えたらすぐに取りましょう。逆に体を冷やしてしまいます。

また、近くの薬局やスーパーで手に入る温熱アイテムも効果的です。

温熱パッドや首用のウォーマーは、長時間の温熱効果が期待できるため、おすすめです。

肩をほぐすストレッチ

首を鳴らしたくなったら、代わりに肩をほぐすストレッチをしてみてください。

首の後ろから肩にかけての僧帽筋は、肩こりの原因筋でもあります。

  1. 立ち姿勢で、背中の腰の部分で両手の指を組みます。
  2. 深く息を吸いながら、手を引き下げて胸を前に突き出しましょう。
  3. 数秒キープした後、ゆっくり元の姿勢に戻します。

首をほぐすストレッチ

首のストレッチも効果的です。

首コリの解消も期待できますよ。

まずは、背筋をしっかり伸ばし、アゴを引いて正しい姿勢を保ちましょう。

左右の傾けストレッチ
  1. 頭の重さを感じながら、首をゆっくり左右に傾けます。
  2. 戻すときもゆっくりと中心に戻します。
  3. アゴを引きながら、目線は正面を維持します。
左右の回しストレッチ
  1. 肩や胸は動かさず、首だけを左右に回します。
  2. 首は直線的に保ち、傾けずに行います。

ストレッチ専門店で整える

首をボキボキ鳴らすリスクはわかっているけど、ついつい鳴らしたくなる人は、ストレッチ専門店を利用しましょう。

ストレッチ専門店では、筋肉の硬さやコリの原因をしっかりと評価し、的確な施術を行います。

このような専門店を利用することで、自ら首を鳴らす必要がなくなり、安全にコリを和らげられます。

ストレッチの効果について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

まとめ:首を鳴らす習慣を断ち切ろう

首を鳴らす習慣を断ち切るには、日常の姿勢や生活環境の改善が必要です。

長時間同じ姿勢で過ごしたり、スマホやパソコンを長時間使用したりしていると、首や肩に負担がかかり、コリや痛みの原因となります。

また、首の不調やコリがひどい場合は、プロに相談することも大切です。

行橋のストレッチサロンREVERT(リバート)では、経験豊富なトレーナーが、個別のカウンセリングを元に、最適な改善策を提案します。

  • 経験豊富なスタッフが、一人ひとりの体の特性や姿勢の癖をしっかりと評価
  • お客さまに合わせたオリジナルのストレッチをご提案
  • タイ古式マッサージをベースにしたストレッチで疲労も回復
  • 自宅でのセルフケア方法もアドバイスし、日常生活に簡単に取り入れられる方法もご提案

まずは気軽にお問い合わせやご相談ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次