あなたは洋ナシ型?リンゴ型?太りやすい原因や対処法を紹介

「下半身に脂肪がつきやすい…」
「お腹の浮き輪がそろそろやばい…」

そんな悩みを抱える女性は少なくありません。

実は、体型によって太りやすい食材が異なることをご存知ですか?

今日は、洋ナシ型とリンゴ型の特徴や太りやすい原因、対処法を紹介します!

この記事を書いた人
プロフィール写真
吉廣

【プロフィール】
・行橋の健康サロン「REVERT」代表トレーナー
・姿勢改善スクールAPI「姿勢改善スペシャリスト」
・ボディメイクコンテスト受賞多数
・大手パーソナルジム公式メディア「パーソナルジムの教科書」の監修者
・著書「自重筋トレ入門」「ダンベルトレーニング入門」

目次

洋ナシ型の特徴

洋ナシ型の人は「UCP1」という肥満遺伝子をもっています。

女性に多く、下半身に脂肪がつきやすく、脂質の代謝が苦手です。

洋ナシ型の体型の人は、脂肪の多い食品を控え、食事の順序に注意しましょう。

  • 脂肪の多い肉や揚げ物、ケーキ、スナック菓子などを控える
  • 野菜やご飯などの食物繊維が豊富な食品から先に食べる

また、脂肪の代謝を助けるビタミンB2の摂取も大切です。

ビタミンB2を含む食材
  • レバー
  • さば
  • 納豆
  • モロヘイヤ
  • まいたけ
  • 海苔など

上記の食品を積極的に食事に取り入れることで、体内の脂肪の代謝を促進し、ダイエットに役立ちます。

リンゴ型の特徴

リンゴ型の人は「ADRB3」という節約型遺伝子をもっています。

お腹の周りに脂肪がつきやすく、その形がリンゴに似ていることからリンゴ型と呼ばれています。

ADRB3遺伝子をもつリンゴ型の人は、糖質の代謝が苦手で、体脂肪として蓄積されやすいのが特徴です。

  • 炭水化物の多いご飯、パン、麺類、甘いもの、アルコールを控える
  • 野菜たっぷりのおかずを食べ、ご飯の量を減らす

また、糖質の代謝を助けるビタミンB1の摂取も大切です。

ビタミンB1を含む食材
  • 豚肉
  • ぶり
  • きな粉
  • 枝豆
  • 落花生
  • ひじきなど

上記の食品を食事に取り入れることで、体内の糖質代謝をサポートし、リンゴ型の特徴であるお腹周りの脂肪蓄積を抑えることが可能です。

まとめ

肥満のタイプに合ったダイエットを行うことで、より効果的な体重管理が可能です。

自分の体型に合った方法を見つけ、健康的なライフスタイルを目指しましょう。

また、REVERTのトレーナーは、ボディメイクコンテスト入賞者です。

自身の経験を活かした栄養指導も行っています。

今年こそ本気で変わりたい人は、ぜひ僕に相談してください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次