肥満症治療薬ウゴービで本当に痩せられる?費用や効果、対象者を解説

【PR】このコンテンツには広告が含まれることがあります。

2024年2月22日に発売された肥満症治療薬「ウゴービ」は、空腹感を軽減し、満腹感を高めることで食事量を減らし、体重減少を促す新しい治療法です。

しかし、誰でも使用できるわけではありません。

本記事では、肥満症治療薬「ウゴービ」の対象者や主な効果、費用について解説します。

参考サイト:ノボ ノルディスク ファーマ株式会社 ウゴービ サイト

この記事を書いた人
プロフィール写真
吉廣

【プロフィール】
・行橋の健康サロン「REVERT」代表トレーナー
・姿勢改善スクールAPI「姿勢改善スペシャリスト」
・ボディメイクコンテスト受賞多数
・大手パーソナルジム公式メディア「パーソナルジムの教科書」の監修者
・著書「自重筋トレ入門」「ダンベルトレーニング入門」

目次

ウゴービの対象者と主な効果

ウゴービの対象者
  • 医師により肥満症と診断された方
  • 高血圧、脂質異常症、または2型糖尿病のいずれかを有する方
  • 食事療法・運動療法を行っても十分な効果が得られなかった方
  • 以下のいずれかに該当する方
    • BMIが27kg/m2以上であり、2つ以上の肥満に関連する健康障害を有する
    • BMIが35kg/m2以上
ウゴービの主な効果
  • 食欲抑制による食事量の減少
  • 満腹感の増加による食べ過ぎ防止
  • 体重減少による肥満関連疾患のリスク軽減

ウゴービは、肥満症の治療薬として開発された薬です。

しかし近年、高い減量効果から、美容目的で不正使用されるケースが増加しています。

STEP臨床試験プログラムからわかるウゴービの効果

STEP臨床試験プログラムは、肥満の成人を対象とした「セマグルチド皮下注2.4mgSD」の週1回皮下投与の有効性と安全性を検証する、大規模な臨床試験プログラムです。

日本人585例が参加したSTEP6試験では、生活習慣改善(食事療法および運動療法)だけでは十分な減量効果が得られない、過体重または肥満の成人において、以下のような結果が示されました。

  • 投与68週時に13%以上の体重減少を達成
  • 肥満に関する合併症(2型糖尿病、高血圧、脂質異常症)の改善

ウゴービ皮下注の用法・用量と薬価について

用法・用量
  • 成人には、セマグルチド(遺伝子組換え)として0.25mgから投与を開始し、週1回皮下注射します。
  • その後は4週間の間隔で、週1回0.5mg、1.0mg、1.7mgおよび2.4mgの順に増量し、以降は2.4mgを週1回皮下注射します。
  • 患者の状態に応じて適宜減量します。
注射方法

ウゴービ皮下注は、腹部、太もも、上腕に皮下注射します。

薬価
  • ウゴービ皮下注0.25mg
    1,876円/キット
  • ウゴービ皮下注0.5mg
    3,201円/キット
  • ウゴービ皮下注1.0mg
    5,912円/キット
  • ウゴービ皮下注1.7mg
    7,903円/キット
  • ウゴービ皮下注2.4mg
    1万740円/キット

ウゴービ皮下注の注意点

ウゴービ皮下注にはいくつかの副作用があります。

開始直後に以下の消化器症状が現れる可能性があります。

  • 嘔気・嘔吐
  • 吐き気、下痢、便秘などの副作用

上記の症状は、時間が経つと軽減します。

まとめ:運動習慣と食生活を見直し、肥満を予防しよう

ウゴービ皮下注は、肥満症の治療薬として効果的な薬です。

最終的に2.4mgを週1回皮下注射することになるため、費用は毎週10,740円、月に換算すると42,960円となります。

公的医療保険が適用された場合、患者の自己負担は3割です。

肥満は、糖尿病や高血圧など、さまざまな健康リスクを伴います。

ウゴービ皮下注に頼らなくてはいけない状況になる前に、運動習慣と食生活を見直し、肥満を予防することが大切です。

REVERTのパーソナルトレーニングでは、2ヶ月間の通い放題プランを提供しています。

週に1回のトレーニングでは習慣化が難しい方でも、通い放題なら自分のペースで無理なく続けられます。

また、通う頻度が多いほど成果も早く出ます。

「そろそろ運動しないとやばいかも」
「最近太ってきた」

と感じている方は、ぜひREVERTの無料体験レッスンにきてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次