「週末の寝だめ」健康への影響は?

こんばんは。

REVERTの吉廣です。

今日は、Sleep Health誌オンライン版へ掲載された論文を紹介します。

この記事を書いた人
プロフィール写真
吉廣

【プロフィール】
・行橋の健康サロン「REVERT」代表トレーナー
・姿勢改善スクールAPI「姿勢改善スペシャリスト」
・ボディメイクコンテスト受賞多数
・大手パーソナルジム公式メディア「パーソナルジムの教科書」の監修者
・著書「自重筋トレ入門」「ダンベルトレーニング入門」

平日の忙しさに追われ、睡眠不足に悩まされていませんか?

睡眠不足は、心臓病、記憶力の低下、うつ病など、さまざまな健康問題の原因になることが知られています。

そんな中で注目されているのが、キャッチアップ睡眠です。

キャッチアップ睡眠

平日の睡眠不足を補うために、週末に長く寝ること

中国の南京医科大学が行った研究によると、平日に6時間未満しか睡眠を取れていない人が、週末に2時間以上の寝だめをすると、心臓病のリスクが低下することが分かりました。

まとめ
  • 週末に長めに寝ることで、平日の睡眠不足による健康リスクを減らすことが可能
  • しかし、毎晩十分な睡眠をとることが最も健康に良い
  • 十分な睡眠を確保するのが難しい場合は、週末に睡眠時間を延ばし、少しでも体を休めることが大切

睡眠不足を解消するために、REVERTでは「ドライヘッドスパ」「頭蓋骨矯正」といったサービスを提供しています。

睡眠不足に悩んでいる方は、せひREVERTに相談してくださいね。

参考論文はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次